合宿免許の注意点

まず、合宿免許が参加する為の日数を確保する必要がある事が注意点になります。
例えば、学生の方が合宿免許に参加する際に、長期休みを利用される事例も少なくないのです。合宿免許に申し込んだ後に、その期間に参加出来ない事が分かったと言う事にならないように気を付けましょう。

また、合宿免許に参加する際はその持ち物にも注意しましょう。合宿免許に参加した先で、必要な物がない事に気が付いて慌ててしまったと言う事態は避けましょう。
例えば、持ち物をよく確認しなかった場合に、合宿免許の参加先で印鑑がなかったと言う事態もあるかも知れません。

更に、合宿免許に参加すると他の参加者と知り合う事が考えられます。そちらが良い出会いになると良いのですがそうとは限らないのです。
例えば、合宿免許に参加した時に、性格の合わない他の参加者と喧嘩になる場合も考えられます。加えて、合宿免許で赤の他人と相部屋する事態になると、共に寝起きをする上で気になる点も出て来るかも知れません。

この他にも、合宿免許に参加している時に貴重品を無くしたり、盗まれたりする事のないように注意しましょう。例えば、ご自身のミスでうっかり財布を何処かに置き忘れてしまったと言う事態もあるかも知れません。